サーラ住宅もおすすめ

この先、名古屋での注文住宅建築を業者に依頼するのであれば、サーラを利用するのもおすすめの方法になります。こちらの会社では、「外断熱工法」と呼ばれる施工方法が採用されています。外断熱工法では、水蒸気を通しにくい性質のある板状の断熱材で、構造体を外側から包み込む方法で断熱処理をほどこします。このように、断熱区画の内側に構造躯体があるため、壁の中では大きな温度差が生じず、加えて断熱材は水蒸気を通しにくいため、壁の中で結露が発生するのを防止する効果があります。また、構造躯体は、断熱材で包み込まれているため、屋外における気温・湿度の変化など、気象条件の変動による影響を受けるのを防ぐことが可能となります。建築材料として木材が使用されている場合、湿気を防ぐことにより、強度・耐久性を高めることが可能です。こうした事情から、外断熱工法を使用して建築した住宅の建物は、耐久性の向上することが期待されます。

また、壁の表面に発生する結露は拭き取ることが可能ですが、壁の中における結露(壁体内結露)が発生すると、そういう訳にもゆきません。先述のように、サーラの採用している外断熱工法では、壁体内結露を防止することができます。